正しい脱毛で良い人生を

増えるムダ毛処理のトラブル

日本人はキメの細かい白い肌が好き自分でムダ毛を処理しようとするとき、最も簡単な方法は、カミソリでそったり、毛抜きで抜いたり、脱毛テープや脱毛ワックスで収り除いたり、いろいろな方法があります。 しかし、毛は次々に生えてきます。頻繁に手入れをしなければなりません。それが、これら自分で行う脱毛法の欠点です。デリケートな部分の皮膚は、あまり頻繁に処理したり、強い薬剤を使ったりすると、トリ肌になったり、赤くなったり、時にはシミができたり、色素が沈着することもあります。美しくなるための脱毛が、逆の結果を呼んではお話になりません。 ならば、専門家のところで脱毛をしようと、エステサロンのドアをたたく人も少なくおりません。

医療先進国アメリカで開発された画期的な「医療レーザー脱毛」

医療先進国アメリカで開発された画期的な「医療レーザー脱毛」 レーザー脱毛は、アメリカで問発されました。そのきっかけとなったのは、アザの治療です。 1983年、ハーバード大学のロックスーアンダーソン博士が、アザにレーザーを照射するとアザの部分の体毛が生えなくなることから、レーザーによる脱毛の「選択的熱治療」の理論を発表しました。これは、レーザーの特性を生かして、部分的に選択した場所に熱を加え、治療を行うという理論です。1996年には、同じハーバード大学のメラニー・グロスマン博士のグループが、この理論を取り入れた、毛根のみを選択的永久的に破壊するレーザー治療器の可能性を示唆した装置を開発しました。ここから、レーザー脱毛の時代は始まったのです。 それまでの永久脱毛といえば、針による電気針式脱毛法が一般的でした。これは、一本一本の毛穴に針を刺し、電気を通して毛根を焼却するという方法です。この痛みは痛烈なものです。また、一本一本焼いていくわけですから、非常に時間がかかります。
最先端の医療脱毛で脱毛の常識が変わる!TOP
日本人はキメの細かい白い肌が好きへ

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ