正しい脱毛で良い人生を

ホルモンと体毛との関係

毛には個人差があります。体毛の濃い人も薄い人もいます。なぜでしょうか毛には個人差があります。体毛の濃い人も薄い人もいます。なぜでしょうか。 体毛のの変化をつかさどるのが、アンドロゲン (男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)という性ホルモンです。アンドロゲンは眉毛から下の体毛を発行させ、エエストロゲンは頭髪の成長を促進させます。 人はだれでも、女性ホルモンと男性ホルモン、両方を持っています。もともと体毛の濃い女性は、比較的男性ホルモンが多いか、あるいは、男性ホルモンに対する感受性が高いといえるでしょう。 ホルモンのバランスは、いつも安定しているとはいえません。 思春期になると性ホルモンの分泌が盛んになり、第2次性徴が現れます。いわゆる男性化、女性化現象が訪れ、皮膚や体毛にも変化が現れます。体毛は太く濃い毛にに変わり、ワキの下や陰部にも体毛が生え、男性の場合はアゴ、胸、腕、すなどに濃い毛が生えてきます。また、女性は更年期を迎えて閉経すると、女性 ホルモンが急激に減り、男性ホルモンの割合が増えます。 この二つのホルモンのバランスが崩れると、体毛が生えなかったり、多毛症になったりします。また、急激に体毛が濃くなった場合には、ホルモンバランスの異常も考えられます。体毛といえども、あなどれません。

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ