正しい脱毛で良い人生を

脱毛法のいろいろ

日本人はキメの細かい白い肌が好き古来から、いろいろな脱毛法が行われてきましたが、大きく分けると、一時脱毛と永久脱毛とに分けることができます。 一時脱毛とは、一般に家庭で行われているもので、一時的に脱毛する方法です。皮膚の表面に出ている毛をカミソリでそる、毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックスなどで抜く、脱毛クリームで目立だなくする方法などがあります。これらは一時的に脱毛に近い効果が出ますが、脱毛効果は長続きしません。時がたつと、再び毛が生えてきて、元に戻ってしまいます。毛を抜いた場介で1か月ごとに、そった場合にはさらに頻繁に毛を再処理をする必要があります。 これに対して永久脱毛とは、毛を作りだす毛母・毛乳頭を破壊して、再び体毛が生えないようにする方法です。毛乳頭の処理の仕方にはいろいろな方法がありますが、毛乳頭を破壊すると、その毛穴からは再び体毛は生えてきません。 さらに別の視点から、自己処理と専門家による処理という分け方もできます。 自己処理とは、家庭で比較的筒単に自分でできる脱毛法で、カミソリでそる、毛抜きや脱毛ワックス、脱毛テープで抜く、脱毛クリームで除毛するなどの方法です。これらは一時脱毛なので、頻繁に処理する必要かおりますが、手軽にできて、費用もあまりかかりません。 専門家による処理としては、エステサロンでの脱毛、医療機関での脱毛があります。電気針式脱毛、医療レーザー脱毛など、永久脱毛はほとんどプロフェッショナルの手で行われています。脱毛法として、最もおすすめできるのは医療レーザー脱毛ですが、これについては後で詳しく述べることにします。その前に、今まで行われてきたさまざまな脱毛法について、そのメリット、デメリットをみていくことにしましょう。

自己処理による脱毛法へ

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ