正しい脱毛で良い人生を

毛抜きで抜く 毛抜きは、平安時代の昔から、脱毛のための器具として使われていました

日本人はキメの細かい白い肌が好き毛抜きは、平安時代の昔から、脱毛のための器具として使われていました。 毛を一本一本根元から抜いていくので、仕上がりはすっきり見えますし、脱毛効果も長持ちします。また、毛抜き一つあれば、どこででもできる手軽さもメリットです。 しかし、何といっても、欠点はその痛さでしょう。一本一本抜くので時間もかかります。健康な毛を毛抜きで無理に引き抜くわけですから、皮膚の弱い部分は引っ張られて盛りにがり、毛穴がブツブツしてトリ肌のようになることもあります。また、抜いた後に雑菌が入って化膿し、毛嚢炎になる場介もあります。炎症の跡が黒ずんでシミになることもあります。抜いた後の毛穴が目立つこと、埋没毛を生じやすいのもデメリットです。 埋没毛というのは、抜く途中で毛が切れると、手穴の上を皮店が覆ってしまい、伸びてきた毛が皮膚表面に出られず、内側で渦巻き状に成長したものです。これは脱毛ワックスなどでも途中で切れると生じることがあり、放っておいても支障はありませんが、見た目はよくありません。

脱毛テープや脱毛ワックスで脱毛する

脱毛テープは、脱毛したい部分にテープをはって、手の流れと逆の方向に一気にはがします。ガムテープをはがすのと似たようなものです。 メリットは、脱毛したい部分にはりつけてはがすだけという手軽さ、一度にたくさんの手が収れて、値段も手ごろです。 しかし、テープの粘着力は弱いので、取り残しが多くなります。毛抜きと同じように、途中で毛が切れて埋没毛が出やすいのもデメリットです、また、ムダ毛とはいえ、健康な毛を無理に引きはがすものなので、痛いのは言うまでもありません。皮膚の弱い人はもちろん、日焼け後の肌に使うと、皮膚がはがれてまだらになることもありますから、要注意です。腕や足に使うのは問題ありませんが、顔はやめたほうがよいでしょう。 脱毛ワックスによる脱毛は、欧米では最も一般的に行われている脱手法です。脱毛したい部分に温めたワックスを塗り、冷えて固まってきたらはがすという方法です。毛の流れと逆に一気にはがすもので、一度にたくさんの手を処理できます。また、ワックスを熱くしすぎるとやけどすることもありますので、塗る前に温度をチェックしてください。 脱毛ワックスは、広い面積を処理できて、脱毛効果のもちがよいのがメリットです。 欠点は、はがすときに痛いことです。テープより確実に脱毛できますが、その分、痛さも増します。痛いということは、皮膚に刺激がより大きいということですから、肌の状態によっては、使用しないほうがよい場合もあります。テープと同じように、埋没毛が生じやすいのもデメリットです。
市販の電気脱毛器を使う

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ