正しい脱毛で良い人生を

レーザーとは何か?レーザー光とは?

レーザーという言葉は、私たちの生活の中でもなじみの深いものになりました。レーザーという言葉は、私たちの生活の中でもなじみの深いものになりました。映画館、劇場などの暗い空間で必要なスポットを表示する光をごらんになったことがあるでしょう。あのポインターはレーザー光線です。 身近なところでは、CDやMDがあります。針の代わりにレーザーが盤面に刻れた情報を読み収って、デジタル化された音を元に戻しています。バーコードの読み取りにもレーザーが使われています。さまざまな外科手術に使われるレーザーメスもそうです。産業分野でも、レーザー光通信はじめ、距離の計測、素材の切断など、レーザーの応用範囲はさまざまに広がっています。 では、現代生活に不可欠の存在ともいえるレーザー光とは、どんなものでしょうか。 レーザーは、人工的につくられる特殊な性質を持った光です。 1960年、アメリカのメイマンが、人造ルビーの結晶から赤色の人工光線を発振させることに成功しました。これがレーザー光の誕生です。レーザーは原子力、トランジスターと並ぶ、20世紀の三大発明といわれる内期的なものです。 では、レーザー光の持つ特別な性質について、お話ししましょう。 「laser(レーザー)」という言葉は、英語の「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation.」の頭文字をとった略語です。訳すと、放射の誘導放出による光の増幅」という意味で、次のような特有の性質を持っています。

@単一の波長を持つ単色光

@単一の波長を持つ単色光:太陽光線をプリズムに当てると、赤、橙、黄色、緑、青、藍、紫の七色」の光が出ます。七色の可視光線の両端には、波長の長い赤外線と、波長の短い紫外線があります。しかし、レーザーは、単一の波長を持つ単色光です。その色は、発振源によって決まります。

A集光性と指向性に優れてる

A集光性と指向性に優れてる:ビーム(光束)が一定方向に直進(指向性)して、どこまでいっても広がらない(集光性)性質を持っています。普通の光は遠くへ行くにつれて幅が広がりエネルギーが落ちていきますが、レーザー光線はどこまでも広からないで直進するのでエネルギーが落ちません。また、レンズによって平行光線を一点に絞ることができ、高密度のエネルギーを得ることができます。

B特定の色に反応する

B特定の色に反応する…レーザー光は単色光なので、ある一つの色だけに選択的に反応する性質を持ちます。異常細胞にレーザー光を当てると、レーザーはその色素のみに反応して破壊、周辺の正常な皮膚には何の影響も与えません。

C多種の光をつくりだせる

C多種の光をつくりだせる…レーザーは出力や照射時問を自在に制御できますから、用途や口的に応じて、光線の強さを微妙にコントロールすることができます。また、媒質(光を発振させる媒体となる物質)によって、いろいろな光をつくることができます。
レーザーによる最先端医療へ

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ