正しい脱毛で良い人生を

現在、臨床現場でどのようにレーザーが使われているか、代表的なものをあげてみましょう。

さまざまな治療に応用されていますレーザーの優れた特質は、医療分野でもおおいに活用されています。体の中で、レーザーで治療できない部分はないといってもよいでしょう。 現在、臨床現場でどのようにレーザーが使われているか、代表的なものをあげてみましょう。この他にも、さまざまな治療に応用されています。

@脳梗塞や心筋梗塞の治療

脳の血管がつまる悩梗塞や、心臓の冠状動脈がつまる心筋梗塞の治療では、血栓を溶かすためにレーザーが使われています、血管の中に極細のレーザーファイバーを挿入し、光先端が血栓のできている部分に到達すると、レーザーを照射して血栓を溶かしてしまうのです。

A尿路結石や胆石

尿路結石や胆石は、膀胱や尿管、胆嚢ヘファイバーを挿入して、レーザーを照射、結石を粉々に破砕してしまいます

B目

レーザーの治療が真っ先にに取り入れられたのは、目の治療レーザーの治療が真っ先にに取り入れられたのは、目の治療です。高齢者の網膜剥離や禄内障、糖尿病の合併症として起こる網膜剥離には、レーザーによる光治療がたいへん有効です。また、最近では、レーザーによる近視の矯正治療が話題を呼んでいます。

C耳、鼻、のど

耳、鼻、のどなどの微細で複雑な部分の治療に、糸のように細いレーザービームが大きな威力を発揮します。出血がほとんどないため、治療している部分が常によく見えて正確な治療ができるのです、いびきや鼻炎の治療もレーザーで簡単にできるようになり、いびきで悩んでいる人たちの関心を集めています

D消化器、呼吸器、循環器

内臓の状態を調べるために開発された内視鏡と組み合わせた、レーザー内祝鏡も活躍しています、内祝鏡をのどから入れて、モニターでのぞきながら、レーザーの照射によって病変部位を焼いてしまうもので、消化器や循環器などのさまざまな疾患が、切開手術なしに治療することが可能になりました。これも、照射してもほとんど出血しないというレーザーの特性が可能にした于術です。

Eガン

ガンの治療にも、レーザーが活躍しけじめました。ガン細胞に反応しやすく、なおかつ光にも反応しやすい特殊な物質を血管内に注人し、その物質がガン細胞に到達したころにレーザーを照射すると、ガン細胞だけが死滅するという方法です。高い制ガン作用と、他の健康な細胞にはダメージを与えないことから。ガンのミサイル療法″と呼ばれています。

F痔

皮膚形成外科の分野でも、レーザーは広く利用されています。特に、アザ、シミ、ホクロなどの異常色素細胞の治療に威力を発揮しています、これは、レーザー光が、ある一つの色に選択的に反応するという性質を利用しています。アザやシミ、ホクロなど異常色素細胞にレーザーを照射すると、その部分だけを破壊して、正常な皮膚には何のダメージも与えません。

Gアザ、シミ、ホクロ

ガンの治療にも、レーザーが活躍しけじめました。ガン細胞に反応しやすく、なおかつ光にも反応しやすい特殊な物質を血管内に注人し、その物質がガン細胞に到達したころにレーザーを照射すると、ガン細胞だけが死滅するという方法です。高い制ガン作用と、他の健康な細胞にはダメージを与えないことから。ガンのミサイル療法″と呼ばれています。

H椎間板ヘルニア

切開やけん引か必要な、やっかいな椎問板ヘルニアの于術をレーザーは根本的に変えました。直径O・4ミリの針を忠部に刺し、モニターで位置を確認しながら針の内部にレーザーファイバーを挿入、先端部から髄核にレーザーパルスを挿入する方法です、出血も痛みもなく、1日の入院ですみ、人きな話題を呼んでいます。 このようにレーザjlは医療のあらゆる分野で活川され、安全性も治療効果もたいへん高いことが認められています。これからも、医療分野でのレーザーの応用は、さらに広がることでしょう。

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ