正しい脱毛で良い人生を

医療レーザー治療器はこんなに種類がある

さまざまな治療に応用されています医療レーザーは、 「高反応レベルレーザー(高出力レーザーブ)」と「低反応レベルレーザー(低出カレーサー)の、大きく二つに分けられます.

高反応レベルレーザーは、レーザー光の熱などによって疾病部分の細胞を焼却、破壊する治療に、低反応レベルレーザーは、血行を促進させたり、筋肉の緊張を和らげたり、免疫力を強化したり、生体を活性化する治療に用いられます。 また、医療レーザーには、ずっと光りつづける「連続波レーザー」と、カメラのフラッシュのように一瞬だけ強い光の出る「パルスレーザー」があります。パルスレーザーは、瞬時に有効な熱子不ルギーを送りこんで、異常細胞や異常血竹などを破壊します。 では、現在、形成外科、皮膚科の領域で使われているレーザー治療器をご紹介。

@炭酸ガス(CO2)レーザー 炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質としたもので、特に水に吸収されやすい性質を持っています。皮膚に照射すると、皮膚組織内の水分に吸収されて熱を生じ、一瞬のうちにホクロ、イボなどを気化蒸散させてしまいます。人体は70パーセントが水分なので、レーザーメスとしても使われています。
Aヤグ(YAG)レーザー ヤグレーザーは、発振物質が固体の固体レーザーです。効率よく、連続発振が筒単にできるので、大きな出力を必要とする患部の凝固などに使われます。また、水に吸収されにくいので、皮膚の深い部分での凝固や膀胱内での治療に用いられます。椎間板ヘルニア、いびき、鼻炎の治療、痔核の切除に用いて、大きな治療効果をあげています。
B半導体レーザー 出力が小さいので、低反応レベルレーザー治療器として、血行や細胞の活性化を促進じ、きず跡、腫れや炎症、痛みやかゆみの治療にたいへん有効です。アトピーやアレルギー性鼻炎の治療にも用いられています。
Cルビーレーザー 1960年、メイマンによって最初に発振されたレーザーで、発振物質にルビーを用いた個体レーザーです。可視光のレーザーで、瞬間だけ強い光が出て異常組倣を熱破壊する、パルスレーザーです。メラニンに吸収されやすい性質を持つため、黒アザ、老人性のシミ、ソバカスの治療に用いられます。
Dヘリウムネオンレーザー 出力の低い、低反応レベルレーザーとして使われ。特に粘膜疾患の治療に適しており、アレルギー性鼻炎の治療に高い効果をあげています。
Eダイ(色素)レーザー ダイレーザーの発振物質は色素を液休に溶かしたもので、この色素を変えることによって、さまざまな波長(色)のレーザーを発振できます。赤アザや赤ら顔などの毛細血管拡張症・など、血管系に異常のある場合の治療に用いられます。赤い色素(ヘモグロビン)に選択的に吸収されるので、周囲の組織にはほとんど影響を与えません。
Fアルゴンレーザー 青や緑の光が出る、可視光のレーザーです。赤色に吸収されやすいので、赤アザなど血管腫の治療に使われてきました。熱作用が非常に強く、強く照射すると皮膚にキズを残しやすく、操作には熟練した技術が必要です。現在では、操作のしやすいダイレーザーが代わって用いられることが多くなりました。
Gエルビウ八レーザー 中赤外線レーザー光を発する、同体パルスレーザーです。このレーザーの特徴は水に吸収されやすいことで、炭酸ガスレーザーの13倍の吸収率を持っています。 照射したレーザーのほとんどは表皮細胞内の水分に吸収されて皮膚の深部に到達しませんから皮膚の表面だけを浅く削り収るような治療には最適です。ニキビ跡の凸凹を消したり、シワやシミ、浅く盛り上っているアザなど取り除くのに用いらわ、治療効果を発揮しています。
Hアレキサンドライトレーザー 脱毛、しみ、あざとりに用いているのが、このアレキサンドライトレーザーです。世界でこれまで開発さた脱毛レーザーとしては最も高性能です。アレキサンドライトという人造宝石を発振物質とした固体レーザーです。波長はルビーレーザーより長く、半導体レーザーより短いです。この波長のレーザー光線は、皮膚表面を透過して毛根と毛乳頭のメラニン細胞だけに吸収されて、瞬時に熱分解します。

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ